2012年10月25日

わきがの治療法:レーザー治療(レーザー脱毛法)

(2005年12月12日記事掲載)

わきがの治療法として、レーザー治療・レーザー脱毛法があるようです。
レーザー脱毛は毛根に熱ダメージを与えて永久脱毛の効果を出す治療のようで
わき毛の場合、毛根とアポクリン汗腺は隣接しているので、
わき毛のレーザー脱毛を行うことによって、アポクリン腺も熱ダメージを受け、
アポクリン汗の分泌が減少するようです。
(ちなみにアポクリン汗とは、過去記事
わきが用語:アポクリン汗を参照のこと)

この治療は、1〜2ヶ月毎に数回以上繰り返すことで徐々に効果が得られる治療のようで
治療に伴い、わき毛も減少するようです。
症状が強い人では効果が十分でないことがあるとも書かれていました。

2012年10月追記
この記事を書いたときは2005年でした。
2012年、いろいろな病院でわきが治療を調べていたのですが、
今は、レーザー脱毛によるわきが治療をしているところは
かなり少なくなっていますね。

わきがの根本を直す、アポクリン腺除去するための手術方法も
以前は、傷跡が大きく残ってきましたが
技術の進歩により、傷跡が小さくなってきたことから、
そちらに以降してきたことが理由の1つ、

もう1つは、エステなどは医療行為が行なえないので
メスを使った切除ができません。

よって、エステでのわきが治療は、レーザー脱毛に限られるわけですが
今はあまりエステでわきがの治療を行なうという人が少ないのかもしれません。

参考URL
http://www.mens-clinic.jp/treatment_wakiga.html

posted by まこ at 11:31 | Comment(0) | 治療法・手術・対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。