2012年11月15日

わきが判定・耳垢の色について


(2005年12月13日の記事)

わきがの原因で、耳垢を調べることで、わきが体質かどうかを調べられるということを以前書きましたが
(過去記事:
わきがの原因:耳垢
わきが耳垢が湿っていると、わきがの可能性がある理由
わきがを耳垢から判断することについて
耳垢の色についても書かれていました。

わきが体質の方の耳垢の色は通常「黄色」から「茶色」で、
耳垢の乾燥している人は、白味か強く、湿っている人は茶色系が強くなるともあるようです。
ただし、色はその時により変化することもあり一定しないようです。

・2012年11月15日追記

カサカサの耳垢の色をご存知ない方のために
色を説明しますと、灰白色をしています。

ちなみに、わきがという観点ではなく、
耳垢が湿っている、カサカサという視点から見ると
日本人ではカサカサが84%、湿ったタイプが16%という統計が出ているそうです。

世界の人種で比べると、湿っている耳垢の割合は以下の通りになります。

黒人:100%
ヨーロッパ人:100%
ミクロネシア人:60%
台湾人:40%
日本人:16%
モンゴル人:12%
韓国人:8%
中国人:4%
ツングース人:希

以前、人種・民族ごとのわきがの関係という記事を書きましたが

わきがの確率を見ると
黒人:100%
欧米人:70〜90%
日本人:10%〜15%
中国人:3〜5%

となっているので、耳垢とわきがの比率はかなり近いことがわかりますね。

ただし逆の見方をすれば、差異は若干ありますので
耳垢=確実にわきがである、という証明にはなりませんね。

参考URL
http://www.wakiga.jpn.org/oldlog2/lg0158.html
http://www.3330.jp/cerumen1.htm

posted by まこ at 17:46 | Comment(0) | 耳垢
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。