2012年10月25日

わきがの判定:下着の黄ばみ具合

(2005年12月14日記事掲載)

わきがのことを調べていましたら、下着の黄ばみとの関係が書かれていました。

わきが体質だと、必ず下着が黄ばむとは限りらないそうで
わきがの原因のアポクリン腺にも個性があり
「臭いより汗を多く出すタイプ」とか、「臭いより黄ばみが中心になるタイプ」といった具合のように種類があるようです。

しかし、非常に黄ばみの強い人のアポクリン腺の中には
黒く着色したアポクリン腺が散在することがあり、
このような場合には下着の黄ばみの強さとワキガの強さとは比例すると書かれていました。

ただ、黄ばみ自体が、下着を毎日変えてしまえば付くことはあまりなく、
同じ下着をある程度長くしていないと判定できないことも多いので
耳垢などの条件よりは、信頼性は低いようです。

・2012年10月25日追記

わきがの人は黄ばみ傾向がある、というのも有名な話ですが、
アポクリン腺や皮脂腺の分泌物に黄色くなるような色素が含まれているため、
衣類に何度もつくと染みができます。

衣類の脇下によく染みや黄ばみができる

にも掲載しています。

ただし、上で書いているように下着を毎日変えていたり
黄ばみが残る要素があっても、
洗剤や漂白剤の性能もあがってきていますから、
そういう意味でも、下着での染みによる判定は
信憑性は低くなってきますよね。

参考URL
http://www.gomiclinic.com/oldlog2/lg0029.html

posted by まこ at 16:08 | Comment(0) | 判定方法・チェック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。