2005年12月15日

わきがの治療法:切除法

わきがの治療法として、切除法と呼ばれるものがあるようです。
古くから行われている施術法で、わきの下の臭いの原因となる有毛部の汗腺や皮脂腺、
または毛根を皮膚ごと長さ15pから20p、幅3cmから5p程度の範囲で切り取る方法のようです。

しかしわきの下の皮膚の幅は数cm以上あり、わきがの原因となるアポクリン腺の部分を
全部取り除くことはとても困難であること、
また、この方法は傷が目立ち、ひきつれを起こしたり取り残すことも多く、
患者さんにとっても苦痛は少なくないので現在はほとんど行われていないようです。

その他、切除後、縫う場合に残った皮膚を引き寄せるので
わきがひきつってしまい、腕を動かしにくくなったり、
神経などを圧迫することによりむくむこともあるようです。

また手術範囲が広いため、完治にかかる時間もかかるデメリットもあるようです。

・2012年11月1日

上記記事では、この手術は現在ほとんど行なわれいないと書きましたが
7年後(2012年)の今、全国の数百の病院を調べたところ
単純な切除法を行なっている病院は結構ありました。

当ページのわきが病院検索を調べていただければわかりますが
東京、大阪、新潟、山梨、石川、兵庫、香川、愛媛の病院では
まだ切除法のわきが治療を行なっていることが書かれていました。

ただし、たいていの場合、切除法以外の手術も掲載されているので
実際に切除法が今でも頻繁に行なわれているのかというと
そこは違うかもしれません。

参考URL
http://www.wakiga.org/cure/02.html

posted by まこ at 15:13 | Comment(0) | 治療法・手術・対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。