2005年12月15日

わきがの治療法:皮下組織削除法

わきがの治療法として、皮下組織削除法と呼ばれるものがあるようです。
わきの真ん中のしわに沿って1pほど切開をし
一方の先端に鋭い刃、他方にローラーがついたハサミ状の器具を挿入し、
アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺まで除去する方法のようです。

・2012年11月1日追記

皮下組織削除法を行なっている病院は、2012年現在も結構あるようです。

私が調べた感じでは、皮下組織削除法のわきが手術を行なっている病院は
大阪、栃木、静岡、石川、福岡の病院で確認できました。

徳島では皮下組織削除法と剪除法を併用したわきが手術も行なっているようです。

掻爬法と比べると、アポクリン腺だけでなく、
エクリン腺や皮脂腺も取り除きますから、
手術後の再発率も少ないと考えられるため、
今でも行なわれている病院が結構あるのでしょうね。

わきがの手術は、傷跡が小さい→アポクリン腺がとりきれない可能性がある
傷跡が大きい→目で確認できるので、アポクリン腺をとりのぞきやすい
ということで、傷の大きさとアポクリン腺の除去率は反比例していますが
皮下組織削除法は傷跡は1cmなので、傷跡自身はそれほど大きなものではなく、
アポクリン腺の除去率も高いです。

皮下組織削除法のメリット・デメリット」という記事もありますので
あわせてご確認下さい。

参考URL
http://www.wakiga.org/cure/05.html

posted by まこ at 15:18 | Comment(0) | 治療法・手術・対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。