2005年12月15日

わきがの治療法:皮下組織吸引法

わきがの治療法として、皮下組織吸引法と呼ばれるものがあるようです。
局部麻酔をした上でわきの下の皮膚に0,5cmほどの穴をあけるようで
カニューレという細い管を差込み、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺まで吸い出す方法のようです。
技術的には脂肪吸引と同じで、
皮膚に小さな穴をあけると小さな穴をあけるだけで、傷跡が目立たないようです。
汗腺を完全にとりのぞくことは難しく、
この方法は、わきがには効果的のようですが、多汗症には効果がないと書かれていました。

・2012年11月1日追記
吸引法は、一番病院で行なわれている手術ではないでしょうか。

私が調べただけでも
北海道、大阪、青森、福島、埼玉、千葉、石川(金沢)、茨城、栃木、大阪、
新潟、静岡、兵庫、宮城の病院で吸引法によるわきが手術を行なっていました。

これだけ普及している背景として予測ですが、
傷跡が小さいこと、吸引という方法を行なっているため、
除去が容易であることなどがあるでしょう。

しかし吸引法による手術は、完全に目によってアポクリン腺を除去するわけではないので
アポクリン腺がとりきれない可能性があります。

吸引法によるわきがの再発もよくきいたことがありますし、
前ページに掲載した「皮下組織削除法」の方が
アポクリン腺の除去率が高いのではないでしょうか。

その代わり、価格が抑えられている病院もあります。
基本、保険適応外の手術になりますが、
行なっている病院の多さと、値段が他の手術より少ないことから
吸引法のデメリットを知った上で、行なうのであればよいかもしれません。

参考URL
http://www.wakiga.org/cure/06.html

posted by まこ at 15:22 | Comment(0) | 治療法・手術・対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。