2012年11月08日

わきがの治療法:マイクロレーザー法

(2005年12月26日記事)

わきがの治療法としてマイクロレーザー法というものがあるようです。
以前、レーザー法として
わきがの治療法:レーザー治療(レーザー脱毛法)
というものを過去記事に書きましたが、上記のレーザー治療は
レーザー脱毛は毛根に熱ダメージを与えて永久脱毛の効果を出すものであって
このマイクロレーザー法とは、これとはちょっと違う(?)ようです。

わきが、多汗症の原因となるアポクリン汗腺、エクリン汗腺にヤグレーザーと呼ばれるものを150mJ、60Hzで
直接照射することにより、両方の汗腺を燃焼させるようです。

メスを使用せず、直径1mmの注射針状のレーザー先端を毛根部に差し込んで汗腺を
直接照射するので、傷跡が残ることはないと書かれていました。

わきがの施術時間は 両わきで約40分、
麻酔は局所麻酔、わきがの術部固定は24時間、
腫れは2〜3日、抜糸は1週間後、
わきが手術後の傷跡は約3mm〜5mm
シャワー・入浴はシャワーは翌日から、入浴は9日後から可能と書かれていました。

・2012年11月8日追記

マイクロレーザー法について、改めて調べてみたところ、
わきが治療よりは多汗症治療として使われることが多いようです。

手術の特徴を考えるとわかるのですが、
アポクリン腺を取り除く、というものではなく
汗腺を燃焼させるという方式のため、
アポクリン腺が完全に取りきれているかもわかりませんし
残っていれば、わきがは当然再発します。

汗そのものを抑止するという目的がメインのため、
わきがにはある程度の効果があるものの、
アポクリン腺の量とわきがの程度にもよりますが、
完治となると、難しいかもしれません。

参考URL
http://www.wakiga.jp/ope_microlaser.html
(現在リンク切れ)
http://wakiga.adsenceup.com/07qa/qa_5.html

posted by まこ at 14:58 | Comment(0) | 治療法・手術・対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。