2012年11月08日

わきがの治療法:レーザーサクション法

(2005年12月26日記事)

わきがの治療法としてレーザーサクション法というものがあるようです。
前記事で「わきがの治療法:マイクロレーザー法
というものを取り上げましたが
マイクロレーザー法に加え、サクション(吸引法)の2つの効果によって
成果が得る治療法のようです。

傷跡が小さい・わきがの臭いの強さや汗の量のレベルが高く、
より確実な効果を得たい人、そしてなおかつ傷跡が目立たない手術を希望する人への方法と書かれていました。

わきがの施術時間 両わきで約40分、
局所麻酔を使い、わきの手術部固定は24時間、
腫れ 2〜3日、抜糸は1週間後、
わきがの手術後の傷跡約3mm〜5mm、
シャワー・入浴はシャワーは翌日から、入浴は9日後から可能と書かれていました。

・2012年11月8日追記

マイクロレーザー法はわきがよりは多汗症治療を目的とした汗線を焼く手術のようです。

レーザーサクション法を否定するわけではないのですが、
汗線を焼く+吸引法を行なっても、
切開して、メスで汗線を確実に取り除く手術ではないため、不安は残ります。

マイクロレーザー法や、ただの吸引法によるわきが手術よりは
精度があがるのでしょうが、
汗線が取りきれない可能性は否定できないため、再発も場合によってはあるのではないでしょうか。

参考URL
http://www.wakiga.jp/ope_lasersuction.html
(現在リンク切れ)

posted by まこ at 15:01 | Comment(0) | 治療法・手術・対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。