2012年11月08日

すそわきがの治療:電気凝固法

(2006年1月26日記事)

すそわきがとは」「すそわきがの治療:手術の治療」という記事を書きましたが
ほかにもすそわきがの治療として、
電気凝固法を用いての治療法もあるようです。

電気凝固法については過去に
電気凝固法A法」「電気凝固法B法」という記事を書きましたが
電気凝固法を用いて、たんぱく凝固をおこして臭いを出さなくすることができるようです。

すそわきがの場合には、通常の電気凝固法とX針電気凝固法(電気凝固法B法)を併用して
治療を行うようですね。

すそわきがの電気凝固法による治療法は
陰毛の毛根に沿って絶縁針という特殊な針を挿入して、
高圧の電圧を通電し、アポクリン腺を凝固変性させてしまうという方法のようです。

アポクリン腺はたんぱく質でできていまることから
高圧の電圧でたんぱく変性を生じアポクリン腺の
分泌機能を低下させてしまうことを目的としているそうです。

ここで普通のわきがと違うのは
わきの下のアポクリン腺とは違い
すそわきがのアポクリン腺は、すでに瘢痕化されていますので、
手術で摘出しなくとも凝固するだけでかなりの減臭効果があるとのことです。

・2012年11月8日追記
記事元の五味先生のクリニック以外で、
電気凝固法によるすそわきがの治療を行なっているところは
大阪府の「うまみ美容クリニック」があるようです。

電気凝固法による手術を行なっているところは
全国でもそれほど多くはないですが、すそわきがとなると
さらに対応場所は絞られますね。

電気凝固法をしている、すそわきがの病院が他にもありましたら
ぜひ口コミをくださいね。

参考URL
http://www.gomiclinic.com/treatment/denkib.html
http://www.wakiga.jpn.org/oldlog2/lg0037.html

posted by まこ at 14:15 | Comment(0) | すそわきが
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。