2012年05月26日

殺菌剤タイプのデオドラントでわきがの臭いを抑える

前回、前々回とわきが対策として、制汗剤タイプ消臭剤タイプのデオドラントを書きましたが
最後に紹介するのは殺菌剤タイプのものです。

制汗剤は汗を制御するもの、
消臭剤は汗、わきがの臭いを消す、もしくは別の臭いに変えるものでしたが
殺菌剤は文字通り、においの元凶である皮膚の細菌をやっつけるものです。

わきがの本によると、過酸化亜鉛や硫酸オキシキノリン、
ヘキサシミンなどの薬剤を配合したものが多いそうです。

硫酸オキシキノリンは、防腐剤、殺菌剤
過酸化亜鉛は、殺菌剤、漂白剤や硬化剤として利用される物質です。

殺菌剤は使い方によっては効果的ですが、肌の影響が強いものもあります。
殺菌剤タイプのデオドラントの使いすぎは皮膚に炎症を起こすこともありますので
使いすぎは禁物です。

肌にあわないデオドラントは殺菌剤タイプに限らず、
すぐに使用をやめたほうがよいでしょう。

3回に渡り、制汗剤タイプ、消臭剤タイプ、殺菌剤タイプの
デオドラントの違いについて説明しました。

汗をかきやすい、発汗量が多い方は制汗剤タイプ
臭いが気になる方は消臭剤タイプ
仕事の関係上、すぐに汗を拭き取ることができず、放置せざるを得ない方は
菌が繁殖しにくい殺菌剤タイプ
用途によって使い分けるとよいでしょう。

また市販されているデオドラントは、
上記の成分を配合して作られていることもあります。

posted by まこ at 20:36 | Comment(0) | デオドラント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。